2017年に生まれたタイニージュエリーキャンドル達のご紹介

タイニージュエリーキャンドルの紹介

タイニージュエリーキャンドルアカデミー主宰
手作りキャンドル作家の小玉真由美です。

 

今回のブログでは
2017年に生まれた
タイニージュエリーキャンドル達を
ご紹介していきます。
(自分の備忘録も兼ねて^^)

 

10月の下旬あたり
まさにハロウィン直前あたりから
また本格的にキャンドル作りを
始めました。

 

2017年10月生まれ

ハロウィンmeetsプルメリア

ハロウィンキャンドル,プルメリアキャンドル,タイニージュエリーキャンドル

ハロウィン仕様のデザイン。

 

ハロウィンキャンドル

プルメリアは絶対に黄色!!
というのがありましたが
初めて、紫色にも挑戦。

 

プルメリアボールライトVer.

プルメリアキャンドルライトタイプ

一度はうまくいかずに挫折をしたデザイン。
プルメリアのパーツだけで作る
ライトタイプキャンドル。

 

 

2017年11月生まれ

鯉キャンドル

鯉キャンドル,和風,デザイン

和風テイストが妙に作りたくなって挑戦した
デザイン。

 

鯉キャンドル,和風,デザイン

アップするとこのような感じです。

 

鯉キャンドル,つまみ細工

ツートーンカラーも個人的にお気に入り^^

 

天使の羽キャンドル

天使の羽,キャンドル,つまみ細工

天使の羽をイメージしたキャンドル。
天使の羽も様々なデザインがありますが
今回はこのデザインで。

 

天使の羽キャンドル,タイニージュエリーキャンドル

灯すとこのような感じです。

 

龍キャンドル

龍キャンドル,芸術,タイニージュエリーキャンドル

2年前くらいから龍キャンドルを
作ってみたいな〜と思っていましたが
いざ作ってみると3日であっさり完成(笑)

 

 

そぼろご飯キャンドル

そぼろご飯キャンドル,食品サンプル,タイニージュエリーキャンドル,キャンドル教室

タイニージュエリーキャンドル
シリーズではありませんが
そぼろご飯キャンドルも11月に誕生。

 

2017年12月生まれ

ぽんぽん菊キャンドル

ぽんぽん菊,タイニージュエリーキャンドル

ぽんぽん菊は以前よりあったデザインですが
もっときめ細かく作ってみました。

作るのは大変ですが
作り出したら止まらないという
中毒性がありすっかりハマってしまいました。

 

トマトキャンドル

トマトキャンドル,タイニージュエリーキャンドル

ぽんぽん菊の小さい版に
色を赤くして葉をつけて
トマトキャンドルにしました。

 

パイナップルキャンドル

パイナップルキャンドル,タイニージュエリーキャンドル

リアルさを追求して
葉の形やグラデーションにこだわった
パイナップルキャンドルです。

 

作るのは大変でしたが
パイナップルキャンドル制作をしたからこそ
新たなテクニックを3つ習得したのも
大きいですね^-^

 

ちなみに初めは真っ白で制作していました。
パイナップルキャンドル,タイニージュエリーキャンドル

 

 

手まりキャンドル

花球キャンドル,タイニージュエリーキャンドル

自分なりのルールを作って花弁を
土台キャンドルにペタペタ。

一つの花弁に色を2色使用することによって
また雰囲気が変わります。

 

 

アイスクリームキャンドル

アイスクリームキャンドル,タイニージュエリーキャンドル

ホイッピング技法というものを使って
作るキャンドル。
アイスクリームキャンドルが
簡単にできちゃいます^^

 

ジャガイモキャンドル

ジャガイモキャンドル,タイニージュエリーキャンドル

手でコネコネしながら作るキャンドル。
当初は違うものを作っていたのですが
あまりにもジャガイモに見えてしまったため
路線を急遽変更し、ジャガイモにしました^^

 

まとめ

2ヶ月の間に
よくぞここまで作れたな〜と
改めて見ると自分でもびっくりです。

 

デザインが思い浮かばないから
作れない!!作らない!!ではなく

 

蝋に触っていると
あれよあれよとキャンドルたちが
生まれてきました(笑)

 

キャンドルというと
大きな塊を思い浮かべる方も多いかと
思いますが

 

写真のようにアイディア次第で
本当に様々なデザインのキャンドルを
作ることができます。

 

2018年は
どんなキャンドルに出会えるのか
私自身とても楽しみです^-^

 

ブログ読者の皆様も
どうぞ楽しみになさってて
くださいね!

 

 

【予告】

予告,タイニージュエリーキャンドル

12月始めあたりから構想していた
新しいコースレッスン

タイニージュエリーキャンドル
芸術コース

 

を、1月1日20時更新のブログにて
リリースいたします。

 

どんなアイディアやテクニックを盛り込めば
受講者の方がレッスンを修了後も
キャンドル作りを楽しめるのか?
を考えてレッスン内容を構成しました。

 

芸術コースという名の通り
芸術路線で作るキャンドルです。

 

蝋でいかに美しさを表現するかに
こだわった受講内容です。

 

修了後は、蝋でここまで表現できる!
という確かな手応えを感じれるようになります。

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.