夏シーズンに大人気のシェル入りキャンドルは実際に灯したらどうなる?

ジェルキャンドル,シェル,貝殻

タイニージュエリーキャンドルアカデミー主宰
キャンドル作家の小玉真由美です。

 

夏になるとかなり人気の出てくるデザイン
シェル入りキャンドル。

 

プルメリアジェルキャンドル

 

透明感が特徴のジェルワックスに
入ったキャンドルを見かける方も
多いのではないでしょうか?

 

見た目も涼しげで
シェルが入っていると
THE SUMMER!!
といった印象。

 

でも、ここで疑問。
これって灯すとどうなるのでしょうか?

 

シェルって入ってて大丈夫なの?

 

 

実際に、シェル入りジェルキャンドルを灯しました

ジェルキャンドル,シェル,貝殻

ガラスに光が反射してとても綺麗ですね!

 

 

ジェルキャンドル,シェル,貝殻

真上から撮影。
芯の真隣りにシェルがありますが
大丈夫そうです。

 

 

火を灯したまま寝てしまいました

ジェルキャンドル,シェル,貝殻

翌朝、キャンドルの様子を見てみると
灯は消えていました。

 

芯の傍にあったシェルは
ごげていました。

 

シェルって焦げるんですね!!

 

これって新しい発見。

 

特に何のトラブルもなく
シェル入りジェルキャンドルを
使用することができました。

 

 

まとめ

シェル入りジェルキャンドルを実際に灯すと、
特に大きな問題はありませんでしたが
シェルは焦げました。

 

作る際には
シェルは芯から離して立てて
配置をしたのですが
ジェルワックスが少なくなるにつれて
シェルが倒れた結果
芯の傍に動いてしまいました。

 

灯している時は
1、2時間に一回はキャンドルの様子を見て
シェルが芯の傍にある場合には
割り箸やピンセットを使って
芯から離すといいですね!

 

以上、
シェル入りキャンドルは実際に灯したらどうなる?
でした!

 

タイニージュエリーキャンドルアカデミーでは随時
レッスンの受付を承っております。

ただいまご用意しているレッスンメニューはこちら!
https://tiny-jewelry.com/menu/