小玉真由美のキャンドル人生は実にたまたまの連続でできあがっている

プルメリアキャンドル,キットセット,手作りキャンドル,フラワー

タイニージュエリーキャンドル主宰
キャンドル作家の小玉真由美です。

 

私事ですが、本日8日8日で
タイニージュエリーという名前で会社登記をしてから
6年目となりました。

 

6年目かぁー。

 

ここまで続けてこれたのは
家族からの応援
実際に教室へいらしていただいた方
メルマガやブログの感想をいただいた方
フェイスブックで毎回コメントをくださる方
などなど本当に周りの方々の支えがあってのことです。

 

時には、精神的に参ってしまい
やめたいなー
消えちゃいたいなー

 

と思うようなことはありましたが
でも、辞めるのはいつでもできるから
あと、もう少しだけ。。。

の、延長線で6年目を迎えました。

 

本当に本当にありがとうございます!!
この場をお借りしてお礼を申し上げます。

 

 

今日のブログでは
なんで5年間突っ走れたのか?
というお話をしていきます。

 

これから、
キャンドル習いたいわ〜と思っている方
小玉真由美ってどんな人?と興味のある方は
お読み進めくださいねー。

 

私は、こんな人です↓↓↓

 

小玉真由美の人生は「たまたま」の連続でできている

キャンドル講師を始めた
当時27歳のちんちくりんだった私が
何故ここまでこれたかというと

 

たまたま、手先で何かを創るのが得意だった私が

 

たまたま、出会ったロウとの相性が良く

 

たまたま、ロウで自分の世界観を表現することができ

 

たまたま、自分のオリジナル技法とデザインを確立し

 

たまたま、キャンドル教室を運営してみたら

 

たまたま、レッスンのお問い合わせが入って

 

たまたま、プルメリアキャンドルが大人気になって

 

たまたま、6年目を迎えた。

 

たまたまが100%ではなく
もちろんその「たまたま」の裏には

・努力
・運の良さ
・タイミング
・周りの協力

も入っています。

 

でも、やっぱり「たまたま」の部分は大きいですし
無視できない部分だと思っています。

 

 

たまたま自分の才能の使い方を知れた

私はたまたまキャンドルを仕事にしていますが
キャンドルの前はスワロフスキー職人として
お金を頂いてロサンゼルスで活動をしていました。
(ちゃんと合法です)

 

でも、ロサンゼルスにいる間に
日本でいつの間にかその協会が立ち上がっていて
そこでのやり方が心底、気に入らなかったのです。

 

それでスワロフスキーへの情熱も
冷めてしまったんですよね。

 

だって、そこの協会員でなければ
サロンで働けないとはっきり書いて
あったんですもん。

 

萎えますわよ。
あんなに強引に書かれていたのだから。

 

一番怒りを感じたのは
著作権もクソもないようなデザインを
自分のもののように扱っていたこと。

(言葉悪くてすみません。。。)

 

それが、
協会を毛嫌いするきっかけとなりました。

 

例えば、

モザイクキャンドルのワークショップをする際
タイニージュエリーキャンドル
アカデミーでしっかりとレッスンを受講し
ディプロマを取り協会会員にならなければ
自宅サロンで開講することはできません。

 

って、書かれていたらどう思いますか?

 

そーゆーことです。

 

 

ちょうどその頃に、たまたま
手作りキャンドルとも出会い
スワロフスキー路線から
キャンドル路線へと変更しました。

 

それが吉と出ました。
と、分かるのはそれから5年後くらいです。

 

キャンドルを作っていくうちに
分かってきたのが
私は、キャンドルのデザインは
考えていないんです。

 

考えなくても勝手に
デザインが降りてきたり
指先に委ねて作っています。

 

これが私の才能だと
たまたま気がつくことができました。

 

ロウで自分の世界観を表現するのが
よくわからないけれども
自然とできちゃうんですよねぇ。

 

これも、たまたま持っていた私の才能。

 

 

時代のタイミングとたまたまマッチした

キャンドルを本格的に始めた7年前だなんて
手作りキャンドルの認知度は恐ろしく低かったです。

 

「キャンドル」と「仕事」が脳内で結びつく人が
いなかったです。

 

え?キャンドル?
それって仕事になるの???

 

そんな感じでした。

 

なので、
仕事は何をしているの?

と聞かれても

「キャンドル」というのはとても言いにくかったです。
説明するのが面倒臭かったというのもあります。

 

でも、不思議なもので、今では
仕事と趣味の境目がなくなる
とさえ、言われています。

 

時代の流れをちょっとだけ
早読みしちゃったみたいですネ。

と、都合の良いように解釈してみる笑

 

仕事と趣味の境目がなくなるなんて
7年前なんて全然予想の出来なかったこと。

 

だから、「たまたま」という言葉が
すごくぴったりです。

 

 

たまたまだけどたまたまじゃない

ここまでのお話いかがでしたでしょうか?

 

小玉真由美の人生は
実に「たまたま」でできあがっているな〜と
書いていて我ながらそう思いました笑

 

どんなにピンチのことが起ころうとも
九死に一生を得るような形で
必ず誰かに救われているのです。


これも、たまたまそういうタイミングです。

 

でも、こういう「たまたま」現象が起きるのは
今、自分にできることを精一杯やっているから
起きているのです。

 

たまたま、手先で何かを創るのが得意ではありますが
失敗の数なんて数え切れないほどしていますし

 

たまたま、出会ったキャンドルだなんて
スワロフスキーの協会が立ち上がってしまったもんだから
スワロフスキーに今後未来はない!と確信して
他にないかとアンテナを立てていたからこそ
出会ったものですし

 

ロウで自分の世界観を表現することだって
オリジナル技法を確立したことだって
死ぬほど失敗を繰り返しています。

 

その結果、たまたま出来上がったのです。

 

ということは、できあがっていないもの
世に出ていないものもたくさんあります。

 

たまたまは、たまたまというわけではなく
必然性も表裏一体でセットですね。

 

 

まとめ

さて、
たまたまストーリーいかがでしたでしょうか?

 

たまたまなんだけど、たまたまではなく
その裏には、必ず原因となるものがあります。

 

でも、やっぱりたまたまなんだよなぁ〜

という「たまたま」がどんだけ出てくるのよ?
というブログ記事になってしまいました笑

 

そんな「たまたま」がオンパレードな人生を
生きている私です。

 

私のキャンドルレッスンでは、
手作りキャンドルの基礎技術や知識を
お伝えするというよりは
キャンドルでどんな人生を描けるかも
一人ひとりに合わせてお伝えしています。

 

手作りキャンドルのノウハウって
飽くまでもツールにしか過ぎません。

 

手作りキャンドルがもたらす
たまたまな人生もなかなか楽しいですよ!

 

タイニージュエリーキャンドルアカデミーでは
随時、レッスン受講を受け付けております。

 

ただいまご用意しているレッスンはこちら!
https://tiny-jewelry.com/menu/

 

★たまこよりお知らせ★
=============
令和1年6月7日にタイニージュエリーキャンドルが
商標登録されました。

商標登録取得をもちまして
タイニージュエリーキャンドル®︎を
・販売
・講師活動
をされる場合は、登録制・商標登録使用料が発生します。

すでにタイニージュエリーキャンドル®︎コースレッスンを受講の方で
販売・講師活動をされている方は
大変お手数ですが、ご連絡くださいませ。

アカデミーでの会員登録が必須となります。
(個人情報をいただきますので予めご了承くださいませ)

商標登録使用料に関しては
受講時期により対応が一人ひとり変わってきますので
詳細は、メールでお伝えをいたします。

▼お問い合わせはこちら▼
https://www.agentmail.jp/form/ht/10249/2/

*届かないことが多いので携帯ドメインでなく
gmail、yahooメールなどでご連絡ください。