手づくりキャンドルを習う場所を間違えたかも・・・と後悔しないための思考法

たまこです( ´ ▽ ` )ノ

 

2021年もまだまだ始まったばかりなので、新しくキャンドル作りでも始めてみようかな?習ってみようかな?という方も多いかともいます。

 

今回のブログでは、手づくりキャンドルを習う場所を間違えたかも・・・と後悔しないためにまず始めに何を考えたらいいのか?というお話しをしていきます。

 

このブログを読めば、

・キャンドル資格取得や認定講師になる方がいいのか

・どんなキャンドル教室を選べばいいか

・どんなキャンドル講師を選べばいいか

・どんなキャンドル作りがあなたに向いているのか

が、分かるようになります。

 

結果、あなたの時間、エネルギー、お金の無駄がなくなります。

 

それでは、早速お話ししていきましょう!

 

 

キャンドル資格取得や認定講師になる方がいいのか

このブログを読んでいるあなたはきっと、キャンドル資格を取得できたりや認定講師になれる場所で習った方がいいのかな?と悩んでいるかもしれません。

 

これは色んな考え方があるのですが、一番大事なのは

キャンドル資格を取得してどうなりたいのか?

認定講師を取得することでどうなりたいのか?

そうなった先の未来まで、ワクワクした感情があるか否か。

 

・将来がなんか不安だから

・周りが資格取得に精を出しているから

・認定講師という響きがなんかかっこいいから

・プチ収入が欲しいから

 

もし、このような考え方があるのであれば、キャンドル資格や認定講師制度はうまく活かせません。

 

なぜか?といったら、その目的があなたの都合になっているから。完全に自分の欲求を満たすためになっていますよね。

 

手づくりキャンドルだったら自分でも多分できそうだから、とりあえずキャンドル資格とっておこうかな?という浅い考えだったら、習ってもキャンドル作りを続けることはないのでやめた方がいいです。

 

よく考えてくださいな。

 

例えば、Aキャンドル協会という協会があったとします。

 

そのAキャンドル協会の理念や理事長の想いに深く共感したBさんが

私もこの理事長と同じように手づくりキャンドルの素晴らしさを伝えたい!協会の枝葉となり、私にできることをしていく!

という想いを持ち、Aキャンドル協会認定講師となり精力的に活動している人がいた場合

 

とりあえずの気持ちのあなたと、熱い想いを持ったAさんとでは、もう気持ちの面でかなり差が出ています。

その想いの差というのは、未来の受講者さんたちに無意識のうちに伝わっちゃうんですよ。

 

とりあえず、資格とっとこうかな?と思う時点で、そこに投資するあなたの時間とエネルギーとお金が無駄になるのでやめた方がいいです。

 

あとね、これは個人的な意見ですが、講師側の立場からすると、「とりあえず」でレッスン受講に来られるのは講師に対して失礼ですよ。

 

こっちはお金払っているんですけど?なんていう頭キンキンの昭和の考え方をしている人はあまりいないと思いますが、こういう方は私はお断りしています。

受講者さんは選んでいますので、悪しからず!!

 

 

キャンドル教室、講師の選び方のコツ

これは、直感で選びましょう。

 

えっ?!と思ったあなた。

直感を侮ってはいけません。

 

ピンっ!ときたところは案外、外れません。

 

少しでもモヤ〜っと感じたところは、行かない方がいいです。

 

じゃ、始めにピンっ!ときたけど、後でモヤッとしたところはどうするの?とか思ったでしょ???w

 

モヤっとしたら選ばなくていいです。

 

でも、やっぱりどうしても気になる!!と思ったら、そこを選べば良いのです。

 

 

どんなキャンドル作りがあなたに向いているのか

一言に手作りキャンドルと言っても、本当に色んな種類のロウがあり、作り方があります。

 

今、流行りのデザインを学びたい!というのであれば、キャンドル協会で習えるデザインを参考にすると良いです。

2020年後半あたりから、デザインをリニューアルしているところが多いので比べて見ることで、今流行のデザインが分かります。

 

実際にあなた自身が作ってみないことには分からないので、画像を見てこういうキャンドルを作れるようになりたい!というキャンドルを体験レッスンから始めて確かめるのがおすすめです。

 

このブログを書いている2021年1月8日は、まさに緊急事態宣言が発令した日なので、キャンドル教室へ通うということ自体抵抗を感じる方がいらっしゃるかもしれません。

 

ですが、人に会うこと、外出することに対して抵抗を感じないのであれば、実際にキャンドル講師と対面で体験レッスンを受講し、講師との相性を確かめるのがベターです。

 

この時に、〇〇コースを受講する意思があってそれに関して不明なところを解消したい、なんて講師に伝えれば丁寧に答えてくれますよ。

 

 

場所やレッスン料で選ぶのは良くない!

・本当は受講したいけれども場所が遠いから

・作れるようになりたいデザインがあるけどレッスン料が予算オーバー。。。

という理由で、妥協して別のキャンドル教室で習うのは非常にもったいない考えです。

 

それこそ、あなたの時間とお金とエネルギーの無駄です。

 

交渉次第であなたに合わせて受講方法を提案してくれることもあるかもしれないので、一度お問い合わせしてみるのも一つの方法です。

 

例えば、私の場合でお話しすると

 

・あなたが作れるようになりたいキャンドルをお聞きしてオリジナルのレッスンメニューをご提案する

・外出が難しいのであれば、ZOOMで対応する

・受講料一括払いが難しければ、クレジットで分割支払いで対応する

 

など、ですね。

 

 

まとめ

今回のブログでは、手づくりキャンドルを習う場所を間違えたかも・・・と思わないためにまず始めに何を考えたらいいのか?というお話しをしました。

 

ポイントは、キャンドル作りを習うのを目的にするのではなく、習った後あなたはどうなりたいのか?まで考えると良いですね。

えっ?

習った後どうなれるか、全然想像できない??

想像できるのは、キャンドル販売と講師活動くらい??

ぉおう。。。

では、近いうちに手作りキャンドルを習ったあとは、どんな未来があるのかについてお話ししましょうかね〜。

 

次回のブログもお楽しみに!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

 

無料メルマガも書いています。
よかったら登録してみてください。

https://www.agentmail.jp/form/ht/6574/2/

gmailでの登録推奨。
適当なお名前での登録は即登録解除します。