手作りキャンドルの知識と技術を本当にたった3日で学びました

ベーシックコース受講作品
Share on FacebookTweet about this on Twitter

2017年9月11日に
ベーシックコース3回目を受講された
愛媛県よりお越しのJ・Hさんの
レッスンレポートです。

 

あじさいキャンドル用の蝋シートを作るところからスタート

手作りキャンドルは決して難しくないのですが
何が大変かといえば、

・蝋が溶ける時間の長さ
・蝋が固まる時間の長さ

です。

 

あじさいキャンドルでは
一つのホーロービーカーで
違う色の蝋を効率よく作る方法を
お伝えしています。

 

Hさんは、ピンク系をチョイス。

あじさいのピースを黙々と
土台キャンドルにつけているところです。

 

 

レッスン3日目で作ったキャンドル達

あじさいキャンドル

あじさいキャンドル

 

クリスマスツリーキャンドル

クリスマスツリーキャンドル

 

桜キャンドル

桜キャンドル

 

蝋への色付けは
全てHさんが好きな色を作っています。

 

あじさいキャンドルや桜キャンドルは
水に浮かばせて灯すこともできますよ^^

クリスマスツリーキャンドルは
その見た目に感動する方が非常に多いです。

何名もの受講生の方から
クリスマスツリーキャンドルを見せると

・欲しい!!
・作って!!

リクエストをいただくとのことです^^

 

 キャンドルレッスンを3日で修了できるベーシックコース

たった3日間でカリキュラム通りに
キャンドル作りが本当にできるのか?と
受講される前に疑問を持つ方は多いです。

 

しかし、
マンツーマン体制でそばでしっかりと
サポートをさせていただくので
どうぞご安心ください^^

疑問を持った時に
すぐに質問ができるのが
レッスン受講のメリットの一つです。

Hさんは、キャンドル作りで使う蝋の

・パラフィンワックス
・マイクロワックス

がまだまだ慣れない単語のせいか
混乱されていました。

 

私も最初は、カタカナ用語に
混乱していたことがあります^^;

アフターフォローとして
受講内容で分からないことがあれば
メールにて質問を受け付けています。

キャンドルはレッスンを終えてからが
スタートです。

自宅でいざ一人で作るとなると
疑問点がたくさん出てきます。

そんな時は、お気軽にメールをくださいませ。

 

ウェブや書店には
手作りキャンドルの情報が
たくさん掲載されていますが

 

せっかくなら、教室で(ライブで)
一からキャンドルの作り方を学びませんか?

 

学んだ後は、
色、形、香りをあなたがカスタマイズして
作ることができます。

 

こっそりとキャンドルを習って
周りを驚かせちゃいましょう^^

 

▼ベーシックコースの詳細はこちら▼
https://tiny-jewelry.com/basic-detail/

Related Articles:

Post Footer automatically generated by Add Post Footer Plugin for wordpress.

Share on FacebookTweet about this on Twitter