キャンドル教室へ通うなら何を習うかよりも誰から習うかが大事!

タイニージュエリーキャンドルアカデミー主宰
キャンドル作家の小玉真由美です。

 

2018年7月13日に
ビギナーコース2回目を受講されてた
神奈川県よりお越しのYさんの
レッスンレポートのご紹介です。

 

 

これから、ビギナーコース受講を
ご検討されている方は
・レッスンスケジュール
・レッスンを進めるペース
・レッスン中はどんな会話をしているか
ぜひ、参考になさってください。

 

Yさんの前回のレッスンレポートはこちら!
https://tiny-jewelry.com/lesson-report134/

 

 

レッスン時間は13時から20時半ごろ

ビギナーコース2回目のレッスンで
作ったキャンドルたち。

 

 

 

 

 

 

 

レッスン時間ってこんなに長いの?

なぜ、こんなにも時間が
長くなってしまったかというと。。。

 

ほどんどおしゃべりです笑

 

こんなにも話題が途切れませんかね?
と言うくらいお話をしていました。

 

完全にオフレコの話題もありますが
(きっとブログ読者様ドン引きの内容です笑)

 

キャンドルの資格制度についてが
この日のホットな話題でした。

 

 

キャンドルを習う場所によっては
これは、うちのオリジナルデザイン!
ロウの配合は企業秘密!!
うちと繋がらないんだったら販売禁止!!

 

などなど、厳しい規則が。

 

利用規約や規則はあって当然のことですが
それが、双方納得が出来る内容かどうかというと
難しいところですよね。

 

かなり、強引なものもあるのだな〜と。
聞いていて非常に勉強になりました。

 

Yさんは、
キャンドルは自由にのびのびと作りたい!
ということでしたので

 

・ビギナーコース受講で何ができるか?
・どこまでできるか?
・オリジナルを作るには常識とは
真逆の考えでいましょう!

 

など、レッスン中にお話をさせていただきました。

 

 

まとめ

キャンドルの作り方だけに焦点を当てると
本やネット、動画でも
様々な媒体を通して知ることができます。

 

なので、
キャンドルの作り方そのものを知る
価値というのは、
私がキャンドル教室を始めた5年前と比べると
どんどんその価値が下がってきている印象です。

 

だからこそ、
誰が何をどうやって伝えていくのかが
重要となってきています。

 

それがキャンドル教室へ通うことの
醍醐味の一つではないでしょうか?

 

私の場合ですと
「資格がない世界が良い」という方には
資格のない世界でどうキャンドルを作っていくか
アドバイスをし

 

タイニージュエリーキャンドルを使って
ワークショップをしたい!という方には
どのようなプロセスで進めていくのかを
お伝えしています。

 

ビギナーコースなどのコースレッスンは
ご用意していますが
オーダーメイド式のレッスンも承っております。

 

コースレッスンを受講される前に
体験レッスンの受講をお勧めいたします。

 

ただいまご用意しているレッスンはこちら!
https://tiny-jewelry.com/menu/