手づくりキャンドルに使う押し花を生花から作ってみよう 2

今まで、飲まなかったブラックコーヒーが好きになりました。

 

こんばんわ。
蝋細工キャンドル講師のたまこです。

 

先日の押し花ネタの続きです。
前回の記事はこちら

 

 

 

 

写真 2
バラの花びらはこんな感じに

 

 

 

写真 4
カーネーションはこんな感じに

 

 

 

デンファレは。。。
乾燥しきっていませんでした。

 

写真 5

え〜〜〜。

花びらが肉厚だからかな??
まだまだ湿った感じでした。

 

本命は、デンファレなのに!!

 

ちょっとやり方を変えて
電話帳ごと袋に入れて、乾燥剤を入れて保管してみます。
ものは試しですね!!
押し花を手軽にたくさん作るのであれば
花びらが薄い、バラやカーネションが適していることが分かりましたね!!

 

個人的な意見としては、
丸みを帯びた花びらの方がキャンドルとは相性が良いと思います。
押し花 キャンドル 作り方 手づくりキャンドル

バラとカーネーションの押し花は袋に入れて

 

 

押し花 キャンドル 作り方 手づくりキャンドル

さらに、ジップロックと乾燥剤を入れて、日光の当たらない所で保存します。

 

 

さてさて、どんなキャンドル作ろうかな〜。
考える時間がいつも楽しいです。
 

 

★たまこよりお知らせ★
=============
令和1年6月7日にタイニージュエリーキャンドルが
商標登録されました。

商標登録取得をもちまして
タイニージュエリーキャンドル®︎を
・販売
・講師活動
をされる場合は、登録制・商標登録使用料が発生します。

すでにタイニージュエリーキャンドル®︎コースレッスンを受講の方で
販売・講師活動をされている方は
大変お手数ですが、ご連絡くださいませ。

アカデミーでの会員登録が必須となります。
(個人情報をいただきますので予めご了承くださいませ)

商標登録使用料に関しては
受講時期により対応が一人ひとり変わってきますので
詳細は、メールでお伝えをいたします。

▼お問い合わせはこちら▼
https://www.agentmail.jp/form/ht/10249/2/

*届かないことが多いので携帯ドメインでなく
gmail、yahooメールなどでご連絡ください。