無料メルマガ登録はこちらをクリック→☆

手作りキャンドル初心者が用意する蝋は2種類あれば十分!!

パラフィンワックス135,タイニージュエリーキャンドル

タイニージュエリーキャンドルアカデミー主宰
キャンドル作家の小玉真由美です。

 

蝋(ワックス)と一言に言っても
たくさんの種類があります。

 

探せば探すほど、変なスパイラルに
陥ってしまします^^;

 

2013年の夏から
手作りキャンドル講師を始め
今までに、北は北海道から南は九州から
(時には海外から!)
いらした生徒さんと関わらせていただいて
知ったことがあります。

 

大きく分けると
東日本と西日本では
使うワックスの種類と配合が
違うことです。

 

アーティスト志向の方だと
温度管理やワックスの配合に関して
かなりこだわりがあるのだな〜と
生徒さんのお話を聞いてて思いました。

 

今回は、
手作りキャンドルに関して
右も左も分かりません。

 

超がついてしまうほど
初心者の方に向けて書いていきます。

 

これから、材料を買う方へ
パラフィンワックス135 500g
マイクロワックス 100g
があれば十分です。

 

キャンドルの基本的な作り方は
こちらの記事を参考になさってください。
https://tiny-jewelry.com/making-candle/

 

では、ワックスの説明をしていきます。

 

●パラフィンワックス135とは?

パラフィンワックス135の
135は融点のことで
華氏表示されています。

 

華氏135度で溶け始めるという
意味です。
摂氏にしたら57度ほどです。

 

パラフィン135は一番手に入りやすく
他の融点が違うパラフィンワックスに
比べると安価な値段です。

 

大きいホームセンターだと
取り扱っているところもあります。

 

Joyful本田は売ってましたよ!
(↑知っている人いらっしゃいますかね?)

 

パラフィンワックスは何を
買えばいいのか迷ったら
パラフィン135を買いましょう!

 

 

●マイクロワックスとは?

マイクロワックスの正式名称は
マイクロクリスタリンワックスです。

 

ほとんどのキャンドルショップでは
マイクロワックスという表記なので
正式名称は覚えていてもいなくても
特に問題はありません。

 

タイニージュエリーキャンドル
アカデミーでは、マイクロワックスは
パラフィンワックスの5~10%の配合で
使うと説明をしています。

 

キャンドル制作にパラフィンワックスしか
使わなくても十分にキャンドルとしての
役割を果たします。

 

しかし、
マイクロワックスを加えないと

キャンドルの側面にヒビ割れ現象や

収縮と言って、表面が凹む現象が
起きます。

 

これらを和らげるために
マイクロワックスを使います。

 

マイクロワックスを使わなければ
いけないということはありません。

 

 

まとめ

キャンドル作り超初心者の方は
まずは、
パラフィンワックス135 500g
マイクロワックス100g
あれば十分かと思います。

 

失敗したかも!と思っても
溶かしてまた作り直せば大丈夫です^^

 

必要な分だけ、買い揃えればいいのが
手作りキャンドルの良いところです♪

 

以上、
手作りキャンドル初心者が用意する蝋は
2種類あれば十分!!

でした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる