無料メルマガ登録はこちらをクリック→☆

シリコンモールドを使ってツルツルなキャンドルに仕上げて作る方法

マイクロワックス,手作りキャンドル,初心者

*このブログ記事は2015年1月26日に公開したものをリライトしています。

 

へいへいへーい( ´ ▽ ` )ノ
キャンドル作家のこだままゆみです。

 

本日は、
【シリコンモールドを使って、キャンドルをツルツルに仕上げる方法】
をご紹介します!

 

キャンドルをツルツルに仕上げたい方、絶対に読んでくださいねー!!

 

LET’S ツルツル

シリコンモールド選びは慎重に!

 

まず、こちらのシリコンモールド。

キャンドル道具

Silikomart(シリコマート)というブランド名でイタリア製のシリコンモールドです。

使い勝手が良く、非常におすすめです!

 

こちらのシリコンモールドを使っての説明をしていきます。

 

100円ショップで販売されているペラペラのシリコンモールドは、お勧めしません。

ペラペラのシリコンモールドを使用すると、見た目がイマイチな仕上がりになってしまうのです。

 

どんなイマイチな仕上がりかというと、側面がクレーターのようにボコボコと小さな凹みができることがあるのです。

 

 

キャンドルを作る環境が大事!

 

キャンドル豆知識

上の画像のキャンドルは、真っ黒にして作ったものですが、白っぽく見える部分を確認できますでしょうか?

白っぽく見えているのは、実は細かい気泡です。

 

この細かい気泡ができる原因は、ズバリ!

シリコンモールドに流し込むロウとシリコンモールド自体に温度差があったから

です。

 

試しにこんな実験をしてみました

 

シリコンモールド2つ用意し

1つはヒートガンを使って温め、1つは何もしていません。

キャンドル豆知識

 

88度のロウをそれぞれのシリコンモールドに流し込みます。

 

キャンドル豆知識

左が何も手を加えていないシリコンモールド

右がヒートガンで十分に温めたシリコンモールド

 

気泡があるのが分かりやすいようにワックスは黒に着色しました。

 

出来上がりは。。。。

キャンドル豆知識

つるっつる!!

 

気持ち良いくらいにツルツルでした!!

 

キャンドル豆知識

一方で何も手を加えていない方は気泡ができていました。

見えますでしょうか??

 

 

ヒートガンを持っていない場合は?

ヒートガンを持っていない場合は、一度90度くらいまで温度を上げたロウをシリコンモールドに満タンに入れます。

そのあと、一旦、シリコンモールドに入れたロウをホーロービーカーなどに戻します。

この作業をすることで、シリコンモールド自体の温度が高くなります。

シリコンモールドが温まっているうちに、もう一度ロウを流し込むことで気泡発生を防ぎ、キャンドルをツルツルに仕上げることができます。

 

つるっつるなキャンドルを作りたい方はどうぞご参考になさってください^^

 

以上、
【シリコンモールドを使って、キャンドルをツルツルに仕上げる方法】
でした〜。

 

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました〜( ´ ▽ ` )ノ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる